歯科口腔外科・親知らず

  • HOME
  • 歯科口腔外科・親知らず

歯科用CTなどの新しい設備と、正確かつ丁寧な手技。お口のトラブルはKデンタルクリニックにおまかせください。

歯の周辺も総合的に考える歯科口腔外科

歯科口腔外科と一般歯科の違い

歯科医師というと「歯」だけを診る医師と思われがちですが、実際には歯茎や顎の骨といった歯の周辺組織、さらに口唇や頬、舌、顎関節、唾液腺などと広い範囲にわたるトラブルにも対処しています。虫歯や歯周病といった一般歯科の治療だけでなく、「歯列矯正」「嚥下障害などの口腔機能の治療」「噛み合わせの総合的な治療」などの分野も担います。

感染予防に配慮しつつ正確な親知らずの抜歯

免疫力や薬の副作用なども考えたトラブル解決

顎関節治療

Kデンタルクリニックならではの歯科口腔外科治療

お口に起きるトラブルは、時間の経過とともに治るものもありますが、全体的な調整をしない限り治らない、またはより悪化する場合も少なくありません。原因をしっかり追及して、丁寧に治療を行います。

正確な技術で安心の親知らずの抜歯

親知らずはおよそ20才以降に、お口の一番奥(前歯から数えて8番目)の上下に生えてくる永久歯です。しかし「水平埋伏歯」といって、まっすぐ生えずに歯茎の中に埋没する場合もあります。
すると、すでに生えている奥歯と干渉して激しい痛みを生じたり、全体の噛み合わせに悪影響を及ぼしたりすることが考えられます。顎の骨の中に埋まっているため、抜歯には十分な診断と歯肉のコントロールが大切です。
ただ、親知らずは必ず抜かなければならないというわけではありません。まっすぐに生えて、噛み合わせに異常・不具合がないなら問題はありません。しかし、ほかの健全な歯にダメージを与えるようであれば、抜歯した方が良いでしょう。

親知らずの抜歯は、歯科口腔外科のエッセンスが詰まった治療です。なぜなら、「歯茎を切開・剥離する」「骨を削除する」「そのままでは抜けない歯を分割する」「抜歯後の予後の経過観察」といった外科的処置を、歯列の一番奥に位置する部位で安全に行わなければならないからです。
もちろん、長時間の治療は患者さまのご負担が大きいですから、感染予防に配慮しつつ、それでいて正確で素早い抜歯が求められます。
Kデンタルクリニックでは、できる限り痛みの少ない親知らずの抜歯を心がけておりますので、親知らずの抜歯をご検討中の方は、まずはご相談にお越しください。

歯科口腔外科・親知らずの抜歯での保険対応

親知らずの抜歯は基本健康保険が適用されます。当院としてもなるべく保健診療の範囲内で治療できるようにしておりますので、安心してご相談ください。

顎関節症

比較的女性に多く見られる病気で、噛み合わせの不具合や歯ぎしり、悪い習癖などが原因となり、顎を動かすだけで痛みが走ったり、周囲の筋肉や靱帯を負担が増したりします。
悪化すると、全身の肩こりや頭痛、しびれ、自律神経失調症を発症することもあります。
まずは基本的にマウスピースによる治療を行いますが、「すでに重症化して口が開かない」などのケースでは、外科的な処置が必要な場合もあります。
顎関節症は完治が難しいため、原因を探求しながら少しずつ症状を和らげていくことが大切です。

顎の痛み

私たちの口は、頭蓋骨の形状から上顎が固定された状態のため、下顎が動くことで歯が接触します。これが噛み合わせの位置です。
ところが何らかの原因によって歯並びが悪くなり、噛み合わせの位置がズレると、口全体のバランスが崩れてしまいます。
すると、それを補正するために片方でばかり噛んでしまうといった「噛み癖」ができ、全身の筋肉、さらに骨格にまで影響を与えてしまう可能性もあります。
Kデンタルクリニックでは、丁寧なカウンセリングを重ね、患者さまと一緒に安定した噛み合わせの位置を追求します。

口内炎

「歯並びが悪いので、頻繁に口の中を噛んで口内炎になってしまう」という方もいらっしゃいます。ほんの少しの噛み合わせや歯並びのズレも、長期間そのままにしておくと全身に影響を及ぼす可能性があります。矯正治療や噛み合わせの調整を行い、これを防ぎましょう。
そのほか、入れ歯が当たっている、疲労による免疫力の低下、薬の副作用などの原因も考えられます。何が原因で粘膜が傷ついているのか、しっかりお話を伺い患者さまと一緒に探っていきます。

口臭が気になる方へ

気になる口臭の原因は、

  • 虫歯、歯周病によるもの
  • 胃腸などの内臓の問題
  • 口腔乾燥による問題
  • 舌の汚れ問題
  • 喫煙によるもの

  • などが考えられます。
    しかし、口臭の多くはお口に原因があります。当院では口臭対策を行っておりますので、お気軽にご相談にお越しください。

ドライマウス(口腔乾燥症)

ドライマウスとは、何らかの原因で唾液が出にくくなり、お口の中が乾燥してしまう病気です。男性より女性の方が多く、最近は若い方にも増えてきています。
さまざまな原因が考えられますが、「規則正しい生活」「咀嚼のしかたの見直し」「唾液の分泌を促すリハビリ」などの対策が必要です。
また、普段から口呼吸の方は、睡眠中に口を開けていびきをかいている、ということも考えられます。
お口の中が乾燥すると粘膜や傷口から細菌が入り込みやすくなってしまいますので、なるべく早く対策を始めましょう。

原因を追及して根本的な解決を

歯科口腔外科では、歯とその周辺にまつわるさまざまなトラブルに対処しています。歯列や噛み合わせのほんの少しのズレも、長期化にわたれば全身に大きな影響を与えることもあります。いずれも、トラブルが起こっている原因をしっかりと追求することが大切です。

ご予約・ご相談はこちら

close

close

お問い合わせはお気軽に

お口や歯のお悩みは後回しにせず、
まずはお気軽にご相談ください。

06-6192-7799

9:30~12:30/14:00~19:00 日祝休診
土曜日のみ9:30~13:00/14:00~18:00

お問い合わせはお気軽に

お口や歯のお悩みは後回しにせず、
まずはお気軽にご相談ください。

pagetop