小児歯科について(フッ素塗布・シーラント)

  • HOME
  • 小児歯科について(フッ素塗布・シーラント)

お子さまの歯の成長を、
一緒に考えながら見守っていきましょう。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、乳歯や生えたばかりの永久歯を予防充填し、虫歯などを未然に防ぎます。

歯並び、虫歯などさまざまなご相談をいただけますが、歯科医師、歯科衛生士としてお子さまの歯の成長をサポートさせていただく事は重要な使命であると考えております。
虫歯のなりやすさ、歯の並び方については保護者の方にとっても、将来に関わる問題となることからご心配されている方が多いと感じています。

そこで吹田・江坂のKデンタルクリニックでは、治療の前に様々な資料を基にお口の中の状況をお子さまと共に理解し、実際に器具をみせたり手に取ってもらいながら、わかりやすく丁寧に説明いたします。
「歯医者さん優しかったね」「今日上手に出来たからまた行こうね」そんなふうに言っていただける歯科医院づくりをスタッフ全員で心がけています。
また、毎日おうちでお子さまにしていただきたいことや、日々保護者さまに見ていただきたい注意点などもお話し、ご家族の皆さまでお口の中を守っていく環境づくりのお手伝いをします。
歯列矯正の必要性があるかどうかなど、矯正の専門分野の知識をわかりやすくアドバイスもさせていただくことも可能ですので、ご不安な点があれば何でもご相談いただければと思います。

フッ素による虫歯予防

フッ素による虫歯予防

歯の表面に付着した菌により、エナメル質を溶かすことで穴があいていき虫歯が進行していきます。 これを「脱灰」と呼びます。

さらに進行し一度歯に穴が空いてしまうと、もう元に戻すことはできません。
この段階であれば削らずに予防することが可能です。
一度脱灰したものを再生させるということで、これは「再石灰化」と呼ばれます。

この再石灰化は、歯に適したフッ素を塗ることでより早く、効果的に促すことができます。 ご自宅で「フッ素配合の歯磨き粉」「フッ素入りの洗口液」を使うのも大切ですが、歯科医院でフッ素を直接歯に塗ることで、より歯質強化ができます。初期の虫歯でフッ素塗布をご希望の方は、吹田・江坂のKデンタルクリニックへご相談ください。

シーラントによる虫歯予防

シーラントによる虫歯予防

お子さまの場合、3才頃に乳歯がほぼすべて生えそろい、6才頃に「六歳臼歯」というはじめての永久歯が生えてきます。
この歯は将来、噛み合わせの中心となる重要な歯です。
しかし、口腔内で奥に位置し月々のブラッシングがしにくい歯でもあるため、虫歯になりやすいとされます。

そこで、この六歳臼歯の溝を予防填塞材料であらかじめ埋めるのが「シーラント」という虫歯予防法です。
この材料の安全性は確立されています。
お子さまの検診とシーラントをご検討中の方は、吹田・江坂のKデンタルクリニックへご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら

close

close

お問い合わせはお気軽に

お口や歯のお悩みは後回しにせず、
まずはお気軽にご相談ください。

06-6192-7799

9:30~12:30/14:00~19:00 日祝休診
土曜日のみ9:30~13:00/14:00~18:00

お問い合わせはお気軽に

お口や歯のお悩みは後回しにせず、
まずはお気軽にご相談ください。

pagetop